仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けて ひとつ「働き方」変えてみよう!

  • 御意見はこちら
  • サイトマップ
トップ画像
TOPページ介護相談は、地域の「地域包括支援センター」へ働く人のための介護休業制度ケース別支援メニュー介護の基礎知識お役立ち情報リンク集統計データ等

介護相談は、地域の「地域包括支援センター」へ

「地域包括支援センター」に相談しましょう これから介護を始めようとされる方は、高齢者の住んでいる「市町村の担当窓口」または「地域包括支援センター」に、まずご相談ください。

地域包括支援センターとは

介護保険法で定められた、高齢者の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関です。
各市町村に1箇所以上設置されています。


センターには、保健師または看護師、主任ケアマネジャー、社会福祉士等が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたっています。
公の機関で、相談・支援は無料です。土・日曜日も営業しているセンターもあります。
相談方法は、電話、来所、センターのスタッフによる自宅訪問があります。



センターの主な役割は、高齢者が要介護状態等になることを予防する介護予防ケアマネジメント業務、住み慣れた地域で安心してその人らしい生活を継続していくことができるようにするための総合相談・支援業務、権利擁護(高齢者虐待、成年後見制度、消費者被害)高齢者の心身の変化に応じた包括的・継続的なケアマネジメントをケアマネジャーが実践することができるように地域の基盤を整えること。また併せてケアマネジャーへのサポート(継続的ケアマネジメント支援業務)を行うものです。

全国の地域包括支援センターの一覧

都道府県のホームページから高齢者の住んでいる市町村の「地域包括支援センター」を探してください。